06 TABATHA「4 seasons」

[ 演目紹介 06 ]

TABATHA 「4 seasons」
振付・構成・演出 : 岡本優
出演 : 工藤響子、柴田菜々子、四戸由香、岡本優
音楽 : 「四季」アントニオ・ヴィヴァルディ

七間町ハプニング4では古典にチャレンジする。バロック後期の作曲家アントニオ・ヴィヴァルディの「四季」全楽曲に向き合い、TABATHAの色に染める。4つの季節と、4の身体。今年で活動10年目を迎える私達だからこその静かなる爆発(岡本優)

メンバーは岡本優、工藤響子、柴田菜々子、四戸由香の4名。岡本が振付・構成・総合演出を担当。2011年より活動開始し、23作品、50回以上の上演を行う。クラシックバレエの身体性をベースとしながも、コンプレックスを抱える己れの恐怖心や羞恥心を超え、身体の可能性を伸張し、POPでいて強烈な、重量感のあるダンス表現を目指す。衣装や装飾にこだわりを持ち、視覚的に目を引く演出を展開。メンバー同士の絶大な信頼関係でよりストイックな作品づくりに取り組んでいる。海外のダンスフェスティバルやワークショップへの招聘、MV・映像作品出演など活動の幅を広げている。「ちょっとダサくてかっこいい」、一度見たら病みつきになるような全員めがねの爆発ダンス集団。
NEXTREAM21 in RIKKOUKAI vol.11公開ダンスコンテスト 一般部門 <優秀賞受賞>

[ プロフィール ]

●岡本優 | Yu OKAMOTO
東京を拠点に国内外で活躍。ダンス集団〈TABATHA〉主宰。幼少よりクラシックバレエを学び、ジャズダンスやストリート等様々なジャンルも経験。これまでに笠井叡、木佐貫邦子、近藤良平、笠井瑞丈×上村なおか、伊藤千枝、黒田育世、熊谷拓明 等の振付作品に参加。トヨタコレオグラフィーアワード2012ファイナリスト。こりっち舞台芸術まつり2014春 <俳優賞>(Baobab「TERAMACHIの) 、横浜ダンスコレクション コンペティションⅠ〈若手振付家のための在日フランス大使館賞〉(シビウ国際演劇祭賞〉受賞。

●工藤響子 | Kyoko KUDO
埼玉県出身。5歳よりミヤキバレエ学園にてクラシックバレエを中沢典子に師事。桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業。在学中にコンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。全員メガネの爆発ダンス集団TABATHAメンバー。保育園ダンス講師。他にもClariSホールコンサートダンサーや、映画、音楽アーティストのMV出演や、アイドルの振付なども行う。又、役者としても活動中。

●柴田菜々子 | Nanako SHIBATA
静岡出身。幼少期からフラメンコ、新体操などを経験。桜美林大学ダンス専攻に進学し、コンテンポラリーダンスを始める。2013年、新卒で入社した会社で広報として働く。2015年、同社でフルタイム勤務から週3日勤務に変更して以降、ダンス集団〈TABATHA〉を中心にダンス活動との両立を続けている。“踊る広報”として活動し、パラレルワークをテーマにしたイベントなどにも登壇。「踊る銭湯プロジェクト」を企画運営。

●四戸由香 | Yoshika SHiNOHE
幼少より豊島和子らに師事。加藤みや子ダンススペース、ダンス集団〈TABATHA〉メンバー。これまで笠井叡、笠井瑞丈、近藤良平、平山素子などの作品に出演。ソロとしても映像アーティストや音楽家、作曲家などとコラボレーションし、劇場のみならず、美術館や野外、神社などでもパフォーマンスをしており、様々なダンス展開に挑戦している。近年ではデュオユニット木原由香舞踊団として、アジアを中心に国内外の公演に多数招聘され、更に活動の幅を広げている。

関連記事一覧